FC2ブログ

光る泥団子づくり

今年の光る泥団子ラインナップ

210725.jpg

24日、25日と光る泥団子づくりを開催しました。
左官職人さんに講師をしていただき、ピッカピカに磨き上げる泥団子。
今年は夏開催ということで、暑いなかではありましたが、
みんなめげずに磨き上げてくれました。

210725-3.jpg

210725-4.jpg

210725-2.jpg

夏休みの工作、研究として参加してくれた方もいて、
漆喰塗など左官について取り上げてくれたこと、とっても嬉しいです。




スポンサーサイト



夏になりました。

  • 2021/07/18 11:40
  • Category: 日常
例年よりも、だいぶ早く梅雨が明けたら、連日30度越え。
お天気がよく、空が青すぎます。
20210718-4.jpg

なかなか成長せず、どうなるかと心配していた花オクラも
大きくなりました。
根っこを成長させて、紙漉きに使うので、
これからは、蕾を適宜摘んでいく作業になります。
20210718-3.jpg

これが、けっこう大変なんだよな。


さて、旧高田家住宅のかかし。
何を表しているかというと、

20210718.jpg

かかしの手がかかっている石の箱のようなもの、
これをミズタメといいます。
金沢の町家では井戸が掘られ、水を利用していましたが
農村部では湧き水を家まで引っ張ってきたのだとか。
そして、その水をこのミズタメに入れるそうです。
もちろん、ミズタメにも穴が開いており、水が出ていくようになっています。

ということで、かかしさんは、洗い物中というわけです。
無双窓もついていて、手元が明るくなるようにと工夫もされています。

旧高田家ではかかしの家族の生活の様子が見れますので、
どうぞ驚かずに、楽しんでください。


雨の日

  • 2021/06/27 14:08
  • Category: 日常
雨です。
じめじめするし、園内は歩きにくい、
建物の中を見るのに靴を脱いだり履いたりするのは、めんどくさい。
さらに傘まで持って歩かなきゃいけないなんて、
江戸村に見学に行こうと思うと、ちょっと気合いが必要。

ということで、なかなか見る機会がないと思われる雨の日の江戸村。
どんな感じかというと、
水分を含んだ少し重たい空気の中に、田んぼの緑がきれいだったり
水蒸気のもくもくする様子がなんとも幻想的であったり、

20210627.jpg

湯涌の自然は、けっこう素敵です。

カエルもよく鳴いてます。

20210627-3.jpg

一番のおすすめは、茶室のにじり口からの景色。
それと、茶室の暗さ。

210627.jpg

明るさと暗さが、梅雨の日はなんともいい。
外が明るすぎないので、明るさと暗さが柔らかく変化していく感じ。

雨の日は、特に静かですので、
ゆったりとした時間を味わっていただけるかと思います。









消防訓練

  • 2021/06/17 16:27
  • Category: 日常
村長、囲み取材受けてます。

210617.jpg

なかなかないです、こんな光景。
さて、村長が何を話されているのかというと、
今日の消防訓練について。
訓練を終えての感想や記者からの質問などに答えていらっしゃいます。

これが訓練の様子、ちょっと遠目からですが。

210617-2.jpg

今回は燻煙作業(煙を出して茅葺屋根をいぶす)中の火事を想定して、
通報訓練、避難誘導と放水銃の扱いの練習を行いました。

大切な文化財建造物であり、燃えやすい素材でもありますから
何よりも火事を起こさないように、
そして、もしもの時に備えて、日々訓練は欠かせません。


最近の江戸村

  • 2021/06/09 17:02
  • Category: 日常
まちなかからだいぶ離れているので、通常でさえ皆さまからちょっと遠い存在の江戸村ですが、
5月12日から臨時休園となり、すでに4週間。
だいぶ遠い存在になってしまったのではないかと危惧しております。

さて、近頃の江戸村ですが、
なんだか知らないうちに生えてきてしまった小さい松(略して小松)が
だいぶ大きく成長してしまい、短く切られていました。

210609.jpg

210609-2.jpg

園内の花菖蒲のなかで一番遅咲きの旧園田家裏の花菖蒲が
ついに咲きました。ここのは白い花です。

210609-3.jpg

この花菖蒲、以前はもう少し株があったのですが
和紙の原料を得るために植えた楮がだいぶ土にあっていたようで
どんどん周りに進出してしまった影響で、ほんの少し咲いている程度です。

前回の日記でタニシとお伝えした田んぼの巻貝ですがカワニナでした。失礼しました。
カワニナってことは、もしかしたら蛍がいるかも。

210609-4.jpg

もう少し臨時休園が続きますが、開園した際にはぜひお散歩がてらお越しください。
新型コロナウイルス感染拡大防止のご協力は引き続きよろしくお願いします。



今日の湯涌

  • 2021/05/28 15:29
  • Category: 日常
すごく、気持ちいい
湯涌の里山風景、このままずーっと残ってほしいです。

210528-4.jpg

当施設のちっちゃい田んぼの稲たち
ぞっとするほどの数がいたオタマジャクシは、いなくなり
替わってタニシがいっぱいいます。

210528-2.jpg

トロロアオイ植えました。
今年は、立派な根っこに育つでしょうか。

210528.jpg

こっちは、スイカ。たぶん。

210528-3.jpg



いい季節です。

  • 2021/05/23 15:56
  • Category: 日常
雨上がりの透き通った青空。
山も柔らかな緑色。
なんと気持ちの良いことか。

ゴールデンウィーク中にもうすっかり田植えも終わっています。

210523.jpg

園内、アヤメも咲きました。

210523-2.jpg

芍薬や花菖蒲、牡丹も咲いています。
(⇒Instagram 金沢湯涌江戸村@yuwakuedomura_museum

李(すもも)
210523-3.jpg

今年も実りました。
甘酸っぱくておいしいですよね。
今年も食べられるといいな。







ひょうたん

  • 2021/05/13 13:44
  • Category: 日常
千成ひょうたん植えました。

210513-2.jpg

210513.jpg

210513-3.jpg

去年はあまりきれいなひょうたんができませんでしたが、
今年はどうなるのでしょうか。

実ったひょうたんは、お正月飾りに使う予定です。


田植え

  • 2021/05/10 16:12
  • Category: 日常
小雨の降るなか、保存会さまがミニ田んぼの田植えをしてくれました。
午前中に代搔き(しろかき)して、午後には苗を植えるという素早さですが、
まぁ、ミニ田んぼなんでいいかなと。

210510.jpg

ほぼ、ほったらかしの田んぼ。
今年も同じ対応になりますが、大きくなってね。

210511.jpg



表具と紙漉き

伝統技術実演として「表具」と「紙漉き」の実演を行いました。

「表具」は表具師さんに来てもらい、掛軸ができるまでの工程を実演。
とは言っても、全ての工程を見ることができます!というのは無理なので、
ほんの一部です。

書に合わせてどうやって裂(きれ)を選ぶのか、
そんな質問が多いらしく、今回は見本を持ってきてくれました。

210505-2.jpg

文字が一番引き立つように裂(きれ)を選んでいく
裂も染め物だから見本品として見せてもらうものと現物は
色合いが異なるなどなど
掛軸一つに、いろいろ詰まってます。

そして、表具の次の日は「紙漉き」実演。

210505.jpg

今回実演で漉いた和紙はミニ和傘になる予定です。
かなりよければ、普通の和傘にも使います。

この紙漉き実演には、毎月江戸村で実演してくれている和傘職人さんや
上記、表具師さんも来てくれて、和紙トークで盛り上がっておりました。
何よりも、和傘も表具も和紙が必要、
でもその和紙も需要の減少による原料や職人の不足など抱える悩みは多岐に渡ります。
“伝統文化”を守っていくことの大変さを改めて実感しました。



Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック