FC2ブログ

厚畳の修復作業

畳縁の小物づくりでお世話になっている畳職人さんが、
ご厚意で、江戸村にて出仕事をしてくれました。

畳2枚分の厚畳(あつじょう)の修復作業。
20190518.jpg

紋縁の縫いつけ。
20190518-2.jpg

畳の修繕なんて、今ではほとんど見ることができません。
機械を使わず、すべて手作業です。

作業は明日も行いますので、この機会にぜひご見学ください。


スポンサーサイト

春→夏

  • 2019/05/16 16:13
  • Category: 日常
先日、江戸村のミニ田んぼの田植えをしていただきました。
20190516.jpg

のぞくと、でっかいおたまじゃくしたちがウヨウヨ。
近づくと着地の振動でバシャバシャしてます。

藤の花もきれいに咲いてます。
20190516-3.jpg

黄菖蒲がついに開花。
20190516-2.jpg

春から夏への移り変わりを
じんわりと感じる、江戸村の今日この頃。

今週末19日(日)は、湯涌温泉街にて青葉の湯涌お楽しみ市が開催されます。
お天気もよさそうですし、山がきれいなこの季節、
どうぞ遊びに来てくださいませ。



表具の実演

身近なものではなくなってしまった「表具」ですが、
歴史的建造物には必要な技術です。

「令和」が登場。
裏打ち。ピシッとあわせないといけないため、結構大変です。

20190508-3.jpg

こちらも裏打ち。
本来は、下からライトなんて当てませんが
町家の店の間で作業していただいているため、
光の向きが一定ではなく、作業にはあまり適さない。
そんなわけで、ちょっとドラマチックな感じになってます。

20190508-2.jpg

何してるんですか?
と聞きたくなる地味ぃな作業。
でも重要。

20190508-4.jpg

掛け軸に使う布生地の模様をきれいにそろえるため、
布目を縦横まっすぐにしていく。

そして、裏打ち。

201958-6.jpg

今回は、実演をお願いしていた職人さんに加え、
届け物をしてくれた職人さんも実演に加わっていただき、
なんと、二人の職人さんの作業を見学できる機会となりました。
(作業は交代しながら)

また、表具の仕事をしようかと考えているという方も来られ、
なんだかとっても有意義な実演となりました。

実演してくださったお二方、ありがとうございました。




お散歩日和

  • 2019/05/02 17:30
  • Category: 日常
大型連休も折り返し。
田んぼに水が張られ、田植えが始まりました。

20190502.jpg

のんびり、お散歩にどうぞ。

オリジナルこいのぼりを作ろう!

たくさんのこいのぼりが、空を舞いました。

オリジナルこいのぼりづくり
ご参加いただきありがとうございます。

描くキャンパスは長さ2mの紙。
自由に筆を走らせ、いろんな個性が爆発。

今年もいつもどおり、
笑いあり、涙ありのイベントとなりました。
「描く」って、楽しい、おもしろい
そんな2日間となりました。

20190422.jpg

20190422-2.jpg

20190422-3.jpg

20190422-4.jpg

20190422-5.jpg

20190422-6.jpg

20190422-8.jpg

20190422-9.jpg

20190422-10.jpg

20190422-12.jpg

20190422-11.jpg

20190422-13.jpg



差し茅修繕

旧平(だいら)家の茅葺屋根の差し茅修繕が始まりました。

20190418-3.jpg

雨でなければ、茅葺職人さんの作業を見学できます。

使っている茅は、ふるさと文化財の森に指定されている
湯涌茅場でNPO石川県茅葺き文化研究会の皆さんが、刈ったものです。

20190418-2.jpg

今回の工事は足場を組んでいます。
見学の際は、ご注意ください。


茶会-春爛漫-

7日(日)に茶会を開催しました。
春爛漫。
まさに、テーマ通り、「まちなか」は桜がほぼ満開。
でも、ここ湯涌江戸村ですから。

20190410.jpg
花は咲いているけど、爛漫さにかけるこじんまりさ。

春蘭も満開。
らしいですが、葉に擬態しているのではないかと思うほどの
花の隠れっぷり。

20190410-3.jpg

それでも茶会は、春爛漫です。
軸、お花、お道具、お菓子などなど。
「春」の素敵なものを、拝見し、そして味わうことができました。

20190410-2.jpg

会場としているのは、金沢の数奇者として有名であった山川家の旧宅。
今では県指定文化財として展示物となってしまっている建物も、
茶の湯の場となることで、生き返る。
毎年開催している茶会は、そんな思いも込めてます。

年度が替わったばかりの忙しい時期に、
ご参加くださった皆様、そして茶会を開催してくださった
茶の湯文化学会金沢例会の皆さま
ありがとうございました。


4月になりました。

  • 2019/04/03 14:49
  • Category: 日常
4月です。
が・・・
朝から、かるーく雪かき。

20190403-2.jpg

景色が4月じゃない。

20190403.jpg

昼ごろまでに、ずいぶんと雪は溶けましたが、
まさか、4月に雪遊びができるとは思わなかった。

20190403-3.jpg



和傘を直しました。

  • 2019/03/24 10:24
  • Category: 日常
11月に「張り」作業をしていた和傘。
PB094958.jpg

完成しました。
190324-2.jpg

190324-3.jpg

赤い和傘は、金沢にお住いの方から、譲っていただいた和傘。
骨はしっかりしていたので、「張り」と」かがり」をやり直しました。
そして、白い和紙の部分は江戸村で漉いた和紙を使いました。
(いつの日か、江戸村で漉いた和紙で和傘を作るのが目標)

雨の日はもちろん、晴れの日も
皆さまに体験していただけます。
記念撮影などにどうぞ。





天気予報通りでした。

  • 2019/03/15 16:47
  • Category: 日常
久しぶりの雪景色です。
13日夕方の様子。
190315.jpg

この日は、日本海側のお天気がちょっと荒れたのですよね。
確かに、天気予報には雪だるまがいましたが、
ここまで白くなるとは!

190315-2.jpg

そして、本日15日。
190315-3.jpg

まさかの、残雪。
まだ溶けんのかい!
職員の一人は、道に残る雪を
ゴミ袋が落ちているのかと勘違いしておりました。

江戸村へご来園予定の皆さま、
現在はスタッドレスタイヤでなくても、大丈夫です。
湯涌への道中、雪が積もっているところはございません。
しかし、まだ油断はできませぬ。
天気予報に雪だるまが登場したらご注意ください。
まちなかは雨でも、湯涌は雪景色を楽しめてしまう可能性があります。




Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック