部材の繕い

旧園田家の工事も着々と進んでおります。
さて、今回も部材の繕い(修理)を紹介します。


取り替え材
後ろに見えますのが、今まで使われていた柱です。
今回の修理工事で取り替えることが決まりました。
そこで、作られたのが手前のもの。
古材(後ろにある部材)は先端がぼろぼろになってしまっていますが、
見事に復原されました。
なんとも、複雑な継ぎ手です。


部材を全部取り替えるのは、強度が足りないと見なされたとき。
基本は、傷んだところだけを取り替える修理になります。
ですので・・・


こんなものや、
ほぞ

こんなのがあります。
根本


建物ができあがってしまうと、
隠れてしまうところばかりですが
見えないところに工夫がされています。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック