カヤカヤワークショップ

家の周りで採れる植物を使って家を作るのが当たり前だったのが、
江戸村の建物が作られた時代。

今や懐かしいものとなってしまった茅葺き屋根だって昔は当たり前。

というわけで、

ふるさと文化財の森システム推進事業
金沢湯涌茅場の維持保全のための継続的な普及啓発事業

ちょっと長い名前ですが、↑こんなイベントやります。

簡単にいうと、ふるさと文化財の森というのは、
地域にある文化財の建物の材料をその地域で育てて使おうという取り組みのなかで、
湯涌は屋根の材料となる"茅"が指定されています。

さて、江戸村も共催させて頂いているこの事業、
頑張ってくれているのは、石川県茅葺き文化研究会さんです。
9月は過ぎちゃいまして・・・10月も〆切間近です。

ぜひ、茅と戯れてください。
0930-6.jpg

0930-7.jpg

スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック