大根とひつじ

  • 2012/10/10 16:49
  • Category: 日常
大根の葉っぱが大きくなりました。
1010-3.jpg

もっさもっさし始めています。
1010.jpg

そろそろ間引きをしなくてはいけない頃だそうです。

そうそう、大根は室町時代には一般に生産されるようになり、
江戸時代には「大根一式料理秘密箱」や「諸国名産大根料理秘伝抄」など
料理本がでるくらいポピュラーになってます。
ちなみに「料理秘密箱」はシリーズものです。

大根の次は、田んぼの話題。

ひつぢ田に 紅葉ちりかゝる 夕日かな(与謝蕪村)
1010-2.jpg

これがひつじ田です。

稲刈り後の稲から出てくる青い芽を「ひつじ」と言います。
秋の季語なんです。

なんで、ひつじというのでしょうか。
気になるので、今度調べます。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック