若山庭まつり

今日は、珠洲市若山の珠洲ちょんがり保存会の皆さんが、
農作業の中で歌い継がれてきた民謡を披露してくれました。

一連の農耕の唄は、
田打(たうち)唄→田切(たきり)唄→
苗取(なえとり)唄→草取(くさとり)唄
と続きます。
農作業の労苦を唄で紛らわせたり、仕事の能率を上げるために
唄われていました。

tyonngari5.jpg
苗取唄

tyonngari2.jpg
田植唄

田植えが終わると、豊作を願い集落の大農家(おやっさま)の
土間庭で輪になって唄い踊り明かします。
これが、庭(にわ)まつりであり、
この時に唄われる踊り唄がちょんがり節です。

まず、えぶり祭りで豊穣を願います。
tyonngari3.jpg

そして、庭まつり。
tyonngari4.jpg

庭(土間)に臼を伏せ、その回りを踊ります。
庭おどりは、にぎわしい唄や踊りで華やぐことでその年の豊穣を予祝します。
とても軽快なリズムの踊りで、見ているだけで
その楽しさが伝わってきました。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック