江戸(村)的、夏を乗り切る工夫

  • 2013/07/12 11:49
  • Category: 日常
連日、各地で猛暑が続いておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか?

130712.jpg
江戸村の朝顔はまだ、カーテンにはならず・・・。

さて、クーラーなんてない江戸時代はどんな涼み方かというと、
今でも同じみの団扇や風鈴、行水をしていたとか。
行水というと古風ですが、要するに冷たいシャワーを浴びたり、水遊びしたり。
やっぱ、水浴びだよね~、といったところ。

そして、夏バテ予防には熱い甘酒。
これは結構いいらしい。
甘い白玉入りの水というものもあるようです。

そして、夜は川沿いで夕涼み。

無理は禁物でありますが、
ちょこっと江戸時代風夏の過ごし方を試してみてはいかがでしょうか?

江戸村でも、皆様が少しでも涼しくなっていただけるよう
8月は昔のこわ~い話と題した朗読会を行いますので、ぜひ。
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック