医王山麓伝承踊り

7日(土)に金沢市歴史遺産探訪月間の企画として、医王山麓伝承踊り共演会を
開催しました。

1番
二俣いやさか踊り保存会の皆様による
石川県指定無形民俗文化財 二俣いやさか踊り

151109.jpg

いやさかさんは、さかのぼること平安末期。
二俣の住民は源氏の子孫と伝えられ、
倶利伽羅峠の合戦で源氏が勝利したことを祝い、これからも源氏が「栄える」ように、
村が平和であるようにと願いを込めたことが始まりなのだとか。
写真の菅笠踊りのほか、太刀踊り、傘踊り、鈴踊りなども披露していただきました。

2番
兵四郎節保存会の皆様による兵四郎節

151109-2.jpg

兵四郎とは、板屋兵四郎です。加賀藩から辰巳用水の建設を任された人物。
この唄は、辰巳用水の建設に携わった人々に歌われていた作業唄です。
袋板屋町(板屋兵四郎が工事の際に居を構えたのだとか)と東浅川校下の
皆さんによって復活したもの。
ちょっと現代風にアレンジされてます。

最後
我らが湯涌念仏踊り保存会の皆様!!
今年、金沢市の指定無形民俗文化財に指定されました!

151109-3.jpg

明治頃に伝わった福光ちょんがれがもとと言われ、楽器を使わない素朴な踊り。
仏教の教えも混ざった内容です。

というわけで、この3つ。
徐々に会場である湯涌に近づく設定で順番決めたら、
実は、発生時代順(平安→江戸→明治)にもなっていました。

地域の歴史、イッキ見!!
と言えるほど、なんとも濃密な時間となりました。

ご見学いただきました皆様、ご出演くださいました皆様
ありがとうございました。



スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック