ほうれん草で紙を作る

  • 2016/07/27 16:22
  • Category: 日常
恒例となってきました、子ども科学財団さまとのイベント。
江戸時代の科学。

まず、第一弾は紙漉き。どこが、科学かって?
ただの紙漉き体験ではありません。ちゃんと、紙ができるまで、洋紙と和紙の違い、
そして繊維をキーワードに紙を知る、そんなテーマでやっとります。

160727.jpg

オーソドックスな紙漉きはこうなります↑

そして、特別バージョン、ほうれん草の食物繊維を使った紙漉き。
160727-2.jpg

青汁を混ぜてる様子に見えますが、「ほうれん草」+「こうぞ」です。
いや、ほうれん草をミキサーで細かくしているので、青汁でも間違いではないかも。
今までは、ほうれん草のみでしたが、紙の強度が不安なのでちょっぴり楮を加えました。

青汁のインパクトはあったようですが、和紙のこと、少しは興味持ってもらえたかなぁ。

さて、どなたでも参加できる紙漉き体験は8月20日(土)に開催します。
ポストカードよりちょっと大きい紙が2枚も作れて100円という
夏休み特別企画。夏休みの宿題にはちょっと遅いかもしれませんが、
皆様のご参加、お待ちしております!




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック