和紙のもと

  • 2017/06/14 16:08
  • Category: 日常
江戸村に移築されている旧園田家は二俣和紙を生産していた家。
そんなわけで、旧園田家の周りには、和紙の原料となる「こうぞ」と「みつまた」を植えています。

こちら、こうぞ。
170614.jpg
毎年、晩秋の葉っぱが落ちた頃に刈り取ります。

枝が必ず3つに分かれるから、「みつまた」
170614-2.jpg

どちらも、木の皮の部分を使います。

さて、これから江戸村では7月、8月、9月と3ヶ月続けて紙すき体験を開催します。
ぜひ、和紙の原料ってどんな植物なのかも、知ってもらえたらな、と思います。



スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック