FC2ブログ

医王山麓伝承踊り

金沢市歴史遺産探訪月間(11月23日まで)にあわせ、
毎年恒例、医王山麓伝承踊りの共演会を開催しました。

まずは、金沢市指定無形民俗文化財 湯涌念仏踊り。
171105.jpg

そして、戸室はんた
171105-2.jpg

なんとなーく系統が似ているのわかりますか?
よーく見ると、踊り手の衣装が三種類。「男性」「既婚女性」「未婚女性」です。
そして、かけ声はどちらも「ハルワイナー」です。
湯涌念仏踊りは伝承どおりの復活、戸室はんたは途絶えてしまったこともあり、
民謡よりにアレンジされての復活という違いはあるので、
はっきりと言えませんが、似てる気がする。

そして、板屋兵四郎率いる辰巳用水工事チームの作業唄が復活した兵四郎節。
171105-3.jpg
唄って、踊って、穴掘ってというミュージカルではないので、当然踊りは平成に入ってからの創作です。
唄は、昭和54年に発見された文献がもと。
というわけで、現代のアレンジが加わったちょっと民謡に近い内容です。

最後は、二俣いやさか踊り。石川県指定無形民俗文化財です。
言い伝えによると、その発生起源は、源平合戦にまで遡っちゃいます。
踊りの名前の由来は、二俣が「ますます栄えるように」と名付けられたのだとか。
「いや(弥)=ますます」※weblio古語より。「いや栄踊り」なわけです。
で、踊りの種類はけっこうあって、男踊りと女踊り、さらに持つ道具で名前が変わります。

「菅笠踊り」
171105_4.jpg

「からかさ踊り」
171105-5.jpg

ほかにも、太刀踊り、鈴踊り、手踊り、扇踊りという現在では6種が伝承されてます。
江戸村では、会場の関係で一種類ずつですが、8月に二俣本泉寺で行われる盆踊りでは輪になって一斉に踊られます。
とうわけで、普段は空の下で踊っていらっしゃるのに、天井のある普通の室内で踊っていただくもんですから
太刀とか傘とかがたまに天井にぶつかってしまうという、なんとも申し訳ないです。
しかも、舞台の真ん中に柱立ってるし!

そんなこんなで、毎年恒例の伝承踊り、どうぞ今後ともよろしくお願いします。
お越しくださった皆さま、お忙しいなか踊りに来てくださった各保存会の皆さま、
ありがとうございました。






スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック