FC2ブログ

最近の旧平尾家は石

近頃の旧平尾家です。
素屋根の仮設が復活。ただし、屋根はまだ。

180412.jpg

中から見ると、こんな感じ。

180412-2.jpg

金沢の平士級の武家屋敷は敷地が土塀で囲まれており、旧平尾家でも版築土塀を復元します。
というわけで現在、表門&土塀の石積みの工事中です。

さて、こちらは切石積みの作業。
積み上げた時に、石がぴしっと並ぶよう削る位置を確認し、墨付けをします。

180412-3.jpg

写真は、完成間近の工程なので、ほぼ四角い石ですが、もともとはただの石。
石を積む位置の形状、ほかの石との兼ね合い、そして、石の持つ性質
様々な要因を踏まえながら、最初は大まかに形をとりながら削り、ある程度の大きさになってから
寸法・形状確認→墨付け→削る、この作業を繰り返します。

180412-4.jpg

石工さんの技術によって、ごつごつした石が、なんとも美しく線を描く。
感動ものです。




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック