FC2ブログ

初秋の茶会

台風が迫ってくるなかではありましたが、荒れた天候にならず、無事に初秋の茶会を開催することができました。
こちら、待合のお花、投げ入れ。
こういうときに、お花の名前がわかるといいなぁ~とつねづね思う。

20180930.jpg

待合の掛け軸。
今回、席主を務めていただいたのは、宗和流中島宗和会の皆さま。
というわけで、軸や、お道具類はすべて、宗和流。

20180930-2.jpg

さらに、今回は七尾市中島町から来てくださっているということから、
同町のお祭りで、国指定重要無形民俗文化財に指定されている「熊甲(くまかぶと)二十日祭の枠旗行事
通称、お熊甲祭りで使われる猿田彦のお面も飾っていただきました。(※お祭りで実際に、使っている面ではありません)
お熊甲祭りが描かれた替え茶碗も登場。

181001.jpg

江戸村で開催するお茶会は、茶の湯文化学会金沢例会さまが主管となり
流派を問わず茶の湯を楽しむことをテーマに、毎年さまざまな趣向で開催していただいてます。
茶の湯の盛んな金沢で、少しずつではありますが、江戸村茶会の知名度出てきたかな~と思っております。
とはいえ、知名度が上がってきたのは、同じ金沢文化振興財団で茶の湯文化を中心に扱う中村記念美術館さまの
お力添えであること、忘れてはいませぬ。この場ではありますが、御礼申し上げます。

そして、茶会にお越しくださった皆さま、茶の湯文化学会例会の皆さま、
台風のせいでちょっとドキドキしてしまう茶会ではありましたが、
楽しい茶会、ありがとうございました。




スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック