FC2ブログ

医王山麓の伝承踊り共演会

まちなかでさまざまなイベントが開催されていた、13日。
江戸村でも医王山(いおうぜん)麓の伝承踊り共演会を開催しました。
「医王山=いおうぜん」ですよ。

トップバッターは、袋板屋町の兵四郎節保存会のみなさま。
辰巳用水の築造作業に携わった人々の作業唄である兵四郎節と踊り。

181015.jpg

兵四郎は板屋兵四郎のこと。
辰巳用水の工事責任者。

181015-2.jpg

がらりと変わりまして、俵町の戸室はんた保存会のみなさま。
地域のお祭りなどで踊られていた踊り。

181015-3.jpg

181015-4.jpg

続きまして、湯涌念仏踊り保存会のみなさま。
金沢市の無形民俗文化財になっています。
伴奏楽器なし、男踊り、あねま踊り、たあた踊りの3つ。

181015-5.jpg

一昔まえ、ちょっとお酒が入って、よし踊るかと踊りだすと
夜が明けるというほど、長い歌です。
仏教の教えなどが、地域の訛りで歌われるので、ちょっと聞き取るのが難しい。

181015-6.jpg

最後に合掌ポーズがありますが、今年も、舞台中央にある柱に阻まれ
いい感じに写真がとれず・・・

最後は、二俣いやさか踊り保存会のみなさま。
石川県の無形民俗文化財。
その起源をさかのぼると、平安時代までいってしまうほどの踊り。
今では6種の踊りが伝わっていますが、もともと12種あったとか。
181015-7.jpg

毎年、二俣の本泉寺で行われる盆踊りでは、
輪になって、6種の踊りをいっせいに踊るのだそう。

太刀踊りは、たまたま遊びに来てくれた小学生たちの目が一斉に集中。
太刀を振りかざすお兄さんたち、かっこよかったね~。

181015-8.jpg

同じ金沢市でも、地域が違えば文化が違う。
そんな違いを大事にしていきたいですね。



スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

金沢湯涌江戸村

Author:金沢湯涌江戸村
江戸時代の加賀藩ゆかりの場所に立てられた民家を移築保存し、展示している野外民家博物館です。
金沢駅から車で40分ほど離れた湯涌温泉郷にあります。
里山と古民家をぜひお楽しみ下さい。

最新コメント

最新トラックバック